糸満市にあるスペースキッズ沖縄は児童発達支援・放課後等デイサービスを運営する多機能型事業所です

Space Kids 沖縄

Space Kids沖縄コラム

Space Kids沖縄コラム

19.10.07

【コラム】LD(限局性学習症)とは?

 

今回のSpace Kids沖縄ステーションでは、LD(限局性学習症)について情報を発信していきます✨

LDは、知的な遅れはないのに頑張っても学習の効果が上がらず、科目によって得意・不得意がでて大きなバラツキが見られます。

 

🌺LD(限局性学習症)とは?🌺

 

学習上の一部に困難がある

LDとは、一般的に「学習障害」と言う呼び名で知られています。

医学的定義ではLDは「読む・書く・算数・推論することに対して困難がある」という位置づけで定義されています。
これに、「聞く・話す」の領域も加えられています。

 

🌺文部省の定義🌺
文部省が定義する学習障害は、基本的に全般的な知的な遅れはないが「聞く・書く・話す・読む・計算する」などの能力のうち、特定のものの習得と使用に著しい困難を示すさまざまな状態を指すものとされています。

 

知的な遅れって?

:知能検査によって、知能指数(IQ)が「100」を標準とした場合、おおむね70未満の場合に知的な遅れがあると判断します。

 

努力不足ではない

LDの原因ははっきり分かっていません。何らかの脳機能障害によるものだと考えられています。

LDは学習障害であることから、幼児期には気づきにくく、小学校に入ってから気づく事が多いようです。知的な遅れはないものの一生懸命努力しても特定の教科や学習にだけ中々成果がでず、困難があります。
脳の機能障害である事から本人が努力を怠っているわけではないと言う事を理解してあげる必要があります。

 

 

学年が進むにつれ困難が顕著に…

低学年の間は何とかついていけた学習も、学年があがるにつれ周囲との差が顕著に出始めます。本人は一生懸命頑張って学習に取り組んでいるのにその努力が報われずに、焦りと苛立ちを抱く事があります。また、その理由が分からずに自信を失くしてしまう結果に繋がってしまうのです。

この自信の喪失は、劣等感や挫折感へと幅を広げ二次障害に繋がる危険があります。

LDを抱える子に対しては、「学習は努力次第でみな同じようにできるようになる」という誤認識を捨てる事が大切✨

また、LDの子は時にコミュニケーションの困難や運動面・手先面において不器用な事があります。支援をする側に必要なのはその子が学習面でどのような困難を抱えているかを明確にし、その特徴や特性にあう学習支援をすることです。

 

今回はLDについてお話をしました!次回はLDの特性を1つづつご紹介していきます✨

 

周りの理解とサポートによって障害を抱えた子供たちが、自分らしく輝かしい人生を歩んでいけますように✨

🌺新規入会・見学・体験・相談可能🌺

指定放課後等デイサービス
\スペースキッズおきなわ/

沖縄県糸満市潮崎町二丁目1番地の4 Fステージ潮崎店舗1(潮崎整骨院隣)
【電 話】098-996-2670
【メール】info@spacekids-okinawa.com
【対 象】受給者証をお持ちの3歳児~高校生
(持っていない方は役所への申請が必要です)
◎送迎あり
【定 員】10名
【お預かり曜日】月曜日~土曜日
【時 間】放課後~17:30
【祝日・長期休み】8:00~18:00

🎵お気軽にご連絡ください📞

pagetop